帝京八王子中学校高等学校からのお知らせ

高校3年校外授業

2017/05/12

学校行事

高校3年生は、5月11日、12日の二日間、一泊二日の校外授業を実施しました。

行先が名古屋・伊勢方面ということで、新幹線での移動となりました。
7時45分東京駅と、朝早い集合となりましたが、無事に集合することができました。



新幹線で名古屋まで行き、伊勢神宮へバスで向かいました。
おかげ横丁に着くと、まずは各行動班で昼食です。伊勢は、こしのないふわっとした触感の伊勢うどんや、漬けまぐろが乗ったてこね寿司が有名です。班ごとに、目当てのお店を探しながら、自由時間を楽しんでいました。



その後、伊勢神宮を参拝しました。一歩足を踏み入れると、雰囲気ががらりと変わります。手を広げても足りない太さの大きな樹木を見て感心する生徒も少なくありませんでした。バスガイドの方から、伊勢神宮では、個人的な願望をお願いするのではなく、感謝を伝えるよう教えてもらった生徒たちは、神妙な面持ちで、手を合わせていました。



そして、朝熊山山頂の展望台へ移動し、伊勢湾を背景に集合写真を撮りました。



1日目最後の観光地、鳥羽水族館へとバスで移動しました。
鳥羽水族館は、日本で唯一ジュゴンを飼育していることで有名です。他にもマナティーや巨大魚などの珍しい生物を飼育しているだけでなく、総面積が日本一の水族館ということもあり、楽しみにしていた生徒も多かったようです。
到着後まもなく、ラッコのえさやりが始まりました。飼育員の方から手渡しでエサを受け取り、口に運ぶ様子はとてもかわいらしく、水槽のまわりは生徒たちでいっぱいでした。



宿舎の鳥羽グランドホテルでは、実行委員を中心として、演芸会が行われました。
ビンゴゲーム、イントロクイズ、腕相撲と、最後にダンス部のリードのもとに、全員でのダンスステップは、大変盛り上がりました。





2日目は、4年に1度開催されるお菓子博覧会を見学しました。お菓子で作られた生け花・地域の名産など、目を瞠るものが多く展示されていました。



その後はバスで名古屋まで移動し、大須商店街での自由行動となりました。名古屋名物の味噌カツ、ひつまぶしや、有名なから揚げなど、食べ歩きを楽しみました。ういろうなどの名古屋名物をお土産として購入する生徒も多く見られました。



無事、帰りの新幹線に乗り、予定通り東京駅にて解散することができました。
高校生活最後の宿泊行事でしたが、さまざまな思い出を作ることができた2日間でした。実行委員やダンス部の生徒たちの演芸会の進行をはじめ、いろんな場面で、生徒たちの成長を感じることもできました。今後は高校卒業後に向けて、進路選択という大事な時期が待っています。一人ひとりが望む希望進路実現に向けて、努力してもらいたいと思います。

 

トップに戻る
  • 医療系Mコースリニューアル
  • 帝京八王子中学校 2014年度入試要項
  • クラブ活動
  • 帝京八王子 学校紹介VTR
  • 帝京八王子 クラブ紹介VTR
  • 生徒アンケート
  • 保護者の視点