帝京八王子中学校高等学校からのお知らせ

Mコース「スタディ・キャンプ」⑨BBQ

2019/08/29

学校行事

 4日間、宿泊しているホテルから一歩も出ることなく、ひたすら勉強に打ち込む「スタディ・キャンプ」。その中で生徒にとって最高の息抜きの瞬間が、3日目の夜恒例のバーベキューです。この時ばかりは、勉強も忘れて全力で楽しみます。文理コースから参加した生徒も、この頃にはだいぶ打ち解け、クラスを越えての会話を楽しんでいました。















 楽しい時間はあっという間に過ぎ、バーベキューを始めた当初は明るかった周囲も、食べ終わることには真っ暗に。生徒も教員も、時間を忘れて楽しい一時を過ごしました。



 勉強漬けだった生徒たちにとって、このバーベキューは良いリフレッシュになったようです。以下、生徒達の感想を一部ご紹介します。
 

・たくさん食事が用意されており、お腹がいっぱいになった。

・具材の量や種類が多くて、全員がお腹いっぱい食べられた。

・色々な先生方と話ができて良かった。BBQは凄く楽しかった。

・バーベキューでは、先輩や先生方と交流できて、とても楽しかった。新鮮だった。

・先生方が焼いてくださって、自分たちが食べる形式。昨年と違って楽しかった。

BBQの時に、私達はただ食べるだけでしたが、焼いてくださっていた先生方は、あまりゆっくりできず、立ってご飯を食べている先生もいたので、準備をしてくださる方への感謝の大切さを改めて知りました。




 また、毎回の食事でも特進クラスの勉強合宿らしい行動を垣間見ることができます。というのも、学校行事の中で唯一縦割りで行われ、3学年が一緒に宿泊行事を行うのが、この勉強合宿です。そのため、先輩から後輩への脈々と受け継がれていく「帝八生らしさ」が、他のどの行事よりも色濃く反映されます。今回で言えば、食事の際の配膳・下膳は自分たちで行わなければならなかったため、その中で先輩達の姿を見て学ぶ事が多かったようです。





食事後にも、全員で協力して片付けをする姿が見られました。



 以下、生徒達の声をご紹介します。
 

・5分前に食堂に行くと配膳が間に合わないと気づくと、先輩達は10分前、15分前に行くなど、機転の早さはさすがだと思った。

M組の高3の先輩達の、次を想定した行動の早さに驚かされた。

10分前に行動すれば良いかと思い、食堂に行ってみるとすでに先輩達が食事の準備をしていた。10分前でも早いと思っていたのに、15分くらい前には行動していて驚いたし、自分も見習おうと思えた。

・食事の配膳では、今年は3年生が指揮を執ってスムーズにできていたけれど、次年度は僕たちが引っ張っていけるように15分前行動よりも早く行動できるようにする。

23年生の準備の動きが早かったので、私たちも見習わなければいけないと思いました。

・先輩の動きを見て、行動していくうちに、先を読み行動できるようになりました。このことを今後に活かして、人に言われる前に自分から行動していきます。

・食事では、先輩の行動がとても勉強になった。周りをよく見て、自分から積極的に動く姿はとても憧れた。

・ご飯の準備は、協力すれば、どんどん早くなっていく。また、周りの人と協力し合う際に、学年を越えてコミュニケーションが取ることができた。

・自分たちで配膳する時に、初めは先輩達が先に行ってやってもらってしまったが、徐々に自分たちも食堂に着く時間を早くして、4日間で配膳が終わる時間も早くなっていったことが良かったと思った。

・合宿を経験している上級生を見て、後輩がだんだんと動いてくれるようになった。1日目の食事の準備のスピードから、4日目の朝の準備のスピードは全然違っていて、M合宿らしい成長だなと感じた。(3)

・普段の食事では、野菜を食べずに肉ばかり食べていました。これからは何事もバランスが大事と教わったので、野菜もしっかり食べていきたいと思います。



次のページでは、最終日の様子をご紹介します。

(スタディ・キャンプ⑩へ続く)

トップに戻る
  • 医療系Mコースリニューアル
  • 出願登録
  • 帝京八王子中学校 2014年度入試要項
  • クラブ活動
  • 帝京八王子 学校紹介VTR
  • 帝京八王子 クラブ紹介VTR
  • 生徒アンケート
  • 保護者の視点