帝京八王子中学校高等学校からのお知らせ

Mコース「スタディ・キャンプ」③授業の感想

2019/08/26

学校行事

 生徒達にとって、この4日間の授業は非常に充実したものとなったようです。彼らの感想の一部をご紹介します。初めて参加した高校1年生や、文理コースの生徒達の言葉もあります。彼らの”生の声”をご覧ください。
 

Mコース生徒の感想》

4日間毎日継続して行うため、理解するスピードが速く、効率の良い学習ができました。

・学校で受ける授業の50分より、どの授業もあっという間で短く感じた。

・分からない所を質問しやすい雰囲気だった。学校の時よりも発展した内容で、難しいと感じた所もあった。

・詳しく、分かりやすかった。深く分解して考えるのが面白かった。問題演習が多く、英語と数学を重点的に学ぶことができた。

・授業に集中できて、本当に楽しい。4月に初めて授業を受けた頃に比べて、答えられる量が増えていて楽しかった。

・合宿に行く前まで、普通の授業と違いはそれほどないと思っていたが、合宿の方がレベルが高く、授業数も多かった。中学校で習った文法でも、さらに詳しいところまで学ぶ事ができたので、行く前よりも理解を深め、知識をつけることができた。

・夏休み中にスタディサプリで配信されていた「勉強合宿前課題」を使って、しっかり予習ができていたので、授業中でも答えられるものが多く、内容が頭に残っていると実感できたことが良かった。

・事前にスタディサプリで学んだ上で授業を行っていたので、スタディサプリで分からなかった所が分かるようになり、分かっていた所はさらに深く理解できるようになった。

・センター試験の問題を使って教えてくれたことが良かった。また、普段の授業の50分間では扱いきれないような問題があって、ためになりました。

英語の授業、楽しかったです!

SVの構造分析をたくさん練習してきて、できるようになっていると感じた。勉強はハードで大変だったけど、楽しかった。

・不定詞のtoと前置詞のtoがあることを学んだ。動名詞~ingの前に来るtoは前置詞だと知り、すっきりした。

・英語の授業では、どんどん知識が増えていって、どんどん楽しくなっていった。自分から発言することもできて、凄く良い経験ができたと思う。

・英語で分詞構文の強調表現を知らなかったので、まだまだ自分は下のレベルだと感じさせられた。

・英語は、文法と文構造の解析がいかに大事かが分かった。問題には、英文を構造分析して解いていかないと解けない問題があり、そこにさらにイディオムやハイレベルな文法が混ざっている可能性がある。基礎があって応用があるので、基礎を疎かにしてはいけない。

・短期間で、1つの単現のみをやるので、学校の授業より、覚えたりできるようになったりするスピードが早かったと思う。

・1つの単現をやり込むので、かなり上達した。この勢いに乗っていきたい。

・比較で覚えることがたくさんあって大変だった。けれど、授業はとても分かりやすかった。

・no more than ~ / not more than ~の暗記方法など、すごく覚えやすかった。オリジナルの文法冊子はいつでも使えると思う。

・イディオム総まとめが有難い。not so much A as B や all the 比較級 ~ 等を見て、特講でやったことがよく分かってスッキリしました。

・比較はイディオムだったり、覚えるものが沢山あるから大変でした。でも、夏休み明けの模試で比較が出題されて、解けたから嬉しかった。

・今までイマイチ理解できていなかった比較の解説が分かりやすかった。9月の模試でも、とても役に立った。

・比較においては、自分は結構できていたと思うが、所々知らない知識があり、そこを埋めることができた。

・昨年の準動詞の内容はかなり定着していて、問題を解く時にも役立っています。今回の比較も基礎の基礎からやったおかげで、合宿前より定着しました。

・英語では、ディスコースマーカーを使っての長文読解は、とても実用的だと思いました。

・ディスコースマーカーの授業は、普段から使っていた知識もあったので、受け入れやすかった。抽象と具体の関係を見つけ、プラス・マイナスの関係を考えられるようにしたい。

・英語の授業で、ディスコースマーカーについて深く知れて良かった。普段の授業でも、もっと未知の文に触れてみたいと思った。未知語類推の仕方を学んだので、もし入試本番でも知らない単語が出てきても、今回のことを上手く利用しようと思った。

・英語で学んだ論理マーカーはとても分かりやすくて、長文において筆者の主張したいポイントがどこにあるか、SV…の構造分析だけでは気づけなかった点まで分かる所もありました。

・英語では、長文の内容一致や和訳の問題において、決め手にかけることがあったが、それは、全体を“なあなあ”で読んでいるからだと感じました。チェックをしっかり入れると、明確に読解できることにびっくりしました。

・英語は、苦手な長文に関して、解き方の手口をかなり学ぶことができた。

・模試や過去問演習で、英語の長文の前後関係をうまく読み取れないことがあったので、今回の授業がとても苦手克服に繋がるものになった。

・英語は論理を考えていく方法を学んだ。今回の合宿のテキストで、ある程度考える順番は分かった。でも、4日間ではまだ全てを触れた訳ではないから、今後は長文を読む時に論理関係から文の繋がりを読み取れるようにしたい。

・先生のオリジナルテキスト、とても嬉しいです。こういうのが欲しかった!

・テキスト(数学・英語)は、先生のオリジナルで作ってあって、「3年間保存版」という価値あるものだった。数学のテキストは、全学年の問題が1冊にまとまっていたので、他学年の解く問題も載っていて、特に刺激になった。

・合宿では、色々な補足も学べるので、より理解を深めることができました。また、問題を多く解くので、入試に向けての対策が身についているという実感を得やすかったです。

・数学では、1つの問題に時間をかけた解説があったり、複数の分野の知識を使って解くことができた。

2次関数のグラフを理解することができた。必要十分条件をマスターした気分になった。

・もっとスピードが速いと思っていたけれど、自分が想像していたよりは、少しゆっくりだったと思った。けれど、もっと自分の問題を解くスピードを上げ、正答率を上げられるようにしたい。

・数学では、どのようにしたら早く解けるのかを学ぶことができました。

・数Ⅲでは「なぜこの式でこの変形をするのか」をしっかり考えることができた。

・普段は週1度しか授業がない先生の授業をたくさん受けることができて、先生方の教え方が分かり、自分に合った先生を見つけられて良かった。

・物理や数学では、問題をたくさん解くことが大切だと思った。

・化学では、最初にテストがあり、まだ足りていない所を再認識できた。

・化学では、苦手な所を中心に説明をしてくださって、人数が少ない分、質問しやすかった。理科科目の中でも細分化されたクラス分けで、化学選択者だけで、より深くより実践的なことを学べて楽しかった。

・化学基礎はいつもよりさらに少人数で、苦手な範囲の問題を何度も解く事ができた。

・化学の自分の知識が完全でないことが分かった。

・生物基礎の授業では、自分の答えをホワイトボードに書き、それに沿って答え合わせをしていったため、普段の聞いているだけの授業とは違った。

・生物の授業は、学校での授業よりもさらに詳しい解説を聞くことができました。

・生物では、合宿までに予習をしていて、その中で分からないことを潰すイメージで授業を受けた。問題が解けていても、アプローチが違ったり、細かく解説を聞くことができて、いつもよりもさらに深く学ぶことができた。

・世界史の先生の授業で、用語を覚えるだけでなく、「なぜそうなったのか」という疑問を持って、自分で調べてみることが大切だと学びました。(3文系)

・世界史で、アジア史を古代から現代まで一日で一気に勉強できたので、歴史の流れが分かりやすくて良かった。(3文系)

・授業中に自分から質問したり、今までより発言することができた。

・一番前の席に座って授業を受けた。発言もしやすいし、先生との距離も近いので良かった。

 

《文理コース生徒の感想》

・文理コースとMコースとの違いを感じた。いつも以上に集中して授業に臨めた。

M組との差をすごく感じました。先生方にこれからの勉強方法を聞いて、実践していこうと思った。

・授業の内容、スピード、すべてが驚きだった。12時間以上勉強したことなんてなかった。テスト勉強で「これが限界」と思っていたのがバカみたい。スマホさえない環境で、集中すればあんなに勉強できる自分がいることに気づけた。

・合宿での授業は全員が全員、集中して頑張っている姿勢で臨んでいて、とても高い意識でやっていた。進むスピードも速くて、覚えることが多かった。

・普段の授業に比べて、スピードが速くて、覚える事もたくさんあって、大変だった。しかし、今回このスピード感を学んだので、これからはこのスピードで家や学校で頑張ろうと思う。

Mは常にこのレベルをやっていると知って、もっとしっかり勉強をしないといけないと感じた。

(2年生としての参加で)「1年生に負けていられない」という緊張感をすごく感じることができた。

・学校でやっている授業よりすごく難しく、内容が濃かった。

・普段の授業よりも、とても内容があり、ためになりました。受験にも使うことができるような内容や、全く知らなかったことが学べる4日間になりました。これからの高校生活で活かしていきたいです。

・予習・復習が必須だと思った。できることならずっと先生に教わりたいと思うくらい分かりやすかった。

・英語の授業では、学校の授業との差をすごく感じました。内容も濃かった。4日間こんなに集中して勉強したのは初めてです。先生の授業をもっと受けたいと思いました。

・質が違うと思う。先生の熱がやっぱりすごかった。教材もしっかりしていて、わかりやすかったし、楽しかった。

・全てのレベルが高い。先生方の話の内容が深く、自分の知識もより深まりました。

・英語の分詞が苦手と気づけて良かったと思う。苦手意識を無くしていきたい。

・合宿に来るまで、不定詞と動名詞の区別ができなかったのが、できるようになりました。分詞と分詞構文も勉強できました。

・先生の教え方が丸っきり違った。自分の知らなかったことや、忘れていたことを色々教えてくれて、とても面白かった。今までこんなに英語に慣れたような感覚は初めてでした。正直この4日間、英語の授業には、とても感動しました。

・「英語ってこんなに楽しいだ」と思えた。文の構成が理解できた状態で問題を解けた時の爽快さは、大好きな理科と同じくらい楽しかった。

・今回の合宿の中で一番良かったのは先生方の授業でした。普段からM組はこんな授業をしてもらっているんだと思い、羨ましく思った。



 文理コースからの参加は初めての試みでしたが、生徒達は我々教員の予想を遥かに超える満足度が得られたようです。次年度以降、文理コースからの参加を希望する生徒が増え、Mコースと共に文理コースの学力レベルも並行して上がっていくことを期待しています。

続いてのページからは、特色あふれる「特別講座」についてご紹介します。


(スタディ・キャンプ④ へ続く)

トップに戻る
  • 医療系Mコースリニューアル
  • 出願登録
  • 帝京八王子中学校 2014年度入試要項
  • クラブ活動
  • 帝京八王子 学校紹介VTR
  • 帝京八王子 クラブ紹介VTR
  • 生徒アンケート
  • 保護者の視点