帝京八王子中学校高等学校からのお知らせ

中学2年 東京都英語村(TGG:Tokyo Groval Gateway)での英語研修実施

2019/11/16

学校行事

11月16日、中学2年生は江東区青海にある東京都英語村(TGG:Tokyo Groval Gateway)に英語研修に行ってきました。TGGは2018年9月に東京都教育委員会とTOKYO GLOBAL GATEWAYが設立した体験型の英語学習施設で、買い物やレストランでの食事、飛行機内など様々な場面においてネイティブの方と英語で会話をすることが出来ます。来年6月の英国修学旅行の予行演習を目的に実施しました。

まずは集合。
今回、八王子に集合してバスという形ではなく、それぞれが現地に集合するという形をとりましたが、誰一人遅刻することなく集合することができました。実はこの日、山手線・京浜東北線が新駅工事に伴う一部運休が予定されており混乱からかなりの遅刻者を予想していましたが、この結果に担任・副担任ともびっくりです。



集合は無事に出来たので、次は4つのチームに分かれてチームビルディング。それぞれのチームで簡単な自己紹介やゼスチャーゲームを行います。もちろん日本語は使いません。




続いてエアポートゾーンに移動。
飛行機の機内、空港の売店、レストラン、3つの場面で注文をしたり、CAに何かをお願いしたりするなどその場面に合ったフレーズを練習します。




昼食後はアクティブイマージョンエリアに移動してコマ撮りアニメの作成を行います。
シナリオを作成し、それに合わせてセリフを書き、タブレットで撮影を行います。ほとんどの生徒が初体験のはずですが、インストラクターの腕が良いのかみんな熱心に作業を行い、作品を作ることが出来ました。



作業が終わったら、振り返りの時間。今日使用したフレーズをノートに書き写し、読んで確認をします。こういった施設では「聞く」「話す」がメインになりがちですが、東京都教育委員会が携わっているだけあって英語の4技能の残り2つ「書く」「読む」も抜かりなく盛り込んでいます。流石です。

普段何か感想を求めたり、日直日誌を書かせても、「何もない」とか「普通」で終わってしまう生徒たちですが、スタッフの方は生徒の発言を引き出すことにとても慣れている様子で、英語オンリーにも拘らずいつもの3倍位発言をしていました。これならホームスティに連れて行ってもまったく会話が無いとホストファミリーから苦情が来ることもないでしょう。この経験を継続していきたいものです。

また、授業の最中は責任者と思われるネイティブの方と日本人の方が常にチェックをしており、担当の方も我々教員に対しても会話から常に改善点を見つけ出そうとするなど、やる気が感じられる施設でした。その他にも幼児向けの保育園のような場所や高校生や一般向きの留学やディベートを目的にした場所もあり、これからの英語教育はどのようにしたらいいのか東京都教育委員会が見本を見せてくれた感じもします。

本校は都内の学校ですがここまでの移動に時間がかかるので、1泊2日とかで実施をしたい所ですが、宿泊施設を併設していないのがとても残念です。是非お願いします。

東京都英語村 TGG Tokyo Groval Gateway


 

トップに戻る
  • 医療系Mコースリニューアル
  • 出願登録
  • 帝京八王子中学校 2014年度入試要項
  • クラブ活動
  • 帝京八王子 学校紹介VTR
  • 帝京八王子 クラブ紹介VTR
  • 生徒アンケート
  • 保護者の視点